代表メッセージ


 




桜本建築設計事務所代表の桜本冨士夫でございます。

住宅の設計を行う前に、株式会社〇〇〇研究所、栃木研究所において車の設計をしておりました。
「たとえ不良率が0.001%でも死傷者が出てしまう。その時お前は逮捕される」と脅かされていました。
「不良率は0%でなければならない」と!

その中でコストダウンと軽量化が主題となり、その上で設計をしなくてはなりません。
その製品は10Gの加震機で何十万回の耐久テストに合格しなければなりませんでした。

この会社の考え方が身にしみつき、最良のものを安価に提供するのが設計者の仕事であると考えています。

基準値内でOKではなく、工夫によって同じ価格でもより耐久性の高いものを提供できるように日々の変化に対応し、最新で最高の技術が込められた家を提供していくのが設計事務所と考えています。


桜本建築設計事務所 代表 桜本冨士夫      
ページのトップへ戻る